矯正治療中の患者様のお悩み Q&A

               歯や、歯茎のトラブルについて
Q.矯正治療時の歯の痛みは治まりますか?
A.ワイヤー交換時の痛みは、3日くらいで治まります。それ以上痛みが続く場合には、御連絡ください。 特に、初めてブラケットを装着した日は、ワイヤーによる痛みが強いことがあります。しかし、多くの場合、これも数日で治まります。
拡大床の場合には、下の顎は、糸切り歯の内側あたりに痛みを感じたり、口内炎ができたりすることがあります。その際には、装置は付けたままで、ネジを回さず、数日経過をみてください。その後、痛みが無くなった時点からまた、ネジを回してください。
その他の装置、ヘッドギヤーやプロトラクターの場合などは、通常痛みを伴わない程度に調整をしております。痛みがある場合は、すみやかに御連絡下さい。
Q.矯正治療中は虫歯になり易いでしょうか?
A.当医院では、初診時に齲蝕活動性試験(虫歯のなり易さテスト)を行い、その結果をもとに矯正中のお口の中の管理方法を指導しております。治療中はフッ素塗付、およびブラッシングの状態をチェックしながら指導をしております。指示にしたがって管理できていれば、ほとんどの場合、簡単に虫歯にはなりません。指示にしたがっていただかない場合は残念ながら、虫歯になり易くなってしまいます。
Q.矯正治療中、歯肉炎または歯周炎がひどいようですがどうしたらいいですか?
A.当医院では、矯正用の歯ブラシも配布しております。通常の歯ブラシと矯正用歯ブラシの2種類を用いて、指導致しますので、それにしたがってブラッシングを行っていれば、歯肉炎や歯周炎を防ぐことが出来ます。しかし、歯肉炎や歯周炎で、歯茎の腫れや出血があっても、怖がらずにブラッシングを続けていれば、時間がかかりますが改善します。
                装置などのトラブルについて
Q.装置が壊れたのですがどうしたらいいですか?
A.装置が壊れた場合には、速やかに、装置の修理または再製が必要となります。 予約を入れ、速やかに御来院ください。
Q.ブラケットまたはバンド(金属リング)が外れたのですがどうしたらいいですか?
A.ブラケットが外れると、その左右のブラケットも外れやすくなりますので、早めに 予約を入れ、速やかに御来院ください。バンドの場合も同様です。
Q.装置、特に拡大床が入らなくなったのですがどうしたらいいですか?
A.拡大床が、適切に装着されていない状態で、ネジを回していると、拡大床が入らなくなります。この際には、1−2回ネジを戻して適合をみるのですが、それは病院で行います。また、他の装置が入らない場合には、永久歯の萌出が原因であったり、歯の移動が原因している場合が考えられます。この時も、病院でのみ、調整が可能です。
個人的に判断して、調整を行わないで、できるだけ速やかに、御連絡頂き、御来院ください。
                その他のいろいろな疑問について
Q.エックス線写真をなぜたくさんとるのでしょうか?
A.歯の移動の状況をエックス線で確認することは重要です。また、発育の診断は、手の骨の写真から確認しますのでその際にも必要です。
当医院は、デジタル撮影ですので、以前のフィルム撮影よりは放射線量が減少されております。 その他に疑問等が生じた場合には、お尋ねください。
Q.電動歯ブラシを買ったのですが使用していいですか?
A.当医院では、治療中の電動歯ブラシの使用を推奨しておりません。理由は時として、矯正ワイヤーに一時的に強い力がかかる場合が見受けられるためです。
是非、配布の2種類の歯ブラシを使い分けながら、できるだけ丁寧に、ブラッシングをお願い 致します。
Q.受験で来院が数か月できません。こんな時はどうしたらいいですか?
A.治療時期を決めるときにこのような時期をできるだけ避けて治療を開始しております。しかし、受験時期が治療中に重なってしまうこともよくありますので、妨げになるようでしたら、ご相談ください。休止する時期のために前後の治療の状況を合わせていきます。
Q.引っ越しや転勤はどうしたらよいのでしょうか?
A.引っ越しや転勤等でどうしても途中で転院が必要な時には、矯正専門医を捜し、引き継ぎも可能です。その際には、矯正治療の進行状況により、矯正治療基本施行料金を清算し、資料などのコピーをお持ち頂きます。
いろいろな理由で居住地の変更等、通院が困難になりそうな場合は、早めにお申し出くださいますよう、お願い致します。
戻る inserted by FC2 system